ホーム > 品川成年後見センター > 手続きについて(法定後見制度)

ここから本文がはじまります。

品川成年後見センターTEL 03-5718-7174

手続きについて(法定後見制度)

法定後見制度申立て手続きの流れ<すでに判断力が不十分な方>

(1)準備
申立ての準備をします。

・申立人や成年後見人等の候補者を検討します。
・本人の判断能力、日常生活、経済状況を把握します。
・申立ての目的、類型と後見事務の内容を整理します。
・診断書の手配、戸籍謄本などの準備をします。

(2)申立て
家庭裁判所に申立てます。

・申立人が、本人の住所地を管轄する家庭裁判所に申立日の予約をしたうえで、申立てをします。

(3)審理
家庭裁判所が審理を行います。

3−1 即日面接(申立人調査、後見人等候補者調査など)
・書類を点検し、申立人からは「申立事情説明書」等に基づいて詳しい事情を聞きます。
・成年後見人等候補者からは「後見人等候補者事情説明書」に基づいて適格性に関する事情を確認します。

3−2 本人調査(本人との面接)
・本人と面接をして、申立て内容等について直接意見を伺うことがあります。

3−3 親族への意向照会
・審理の参考とするため、本人の親族に対して書面等により意向を照会する場合があります。

3−4 鑑定(医師による鑑定)
・申立時に提出した診断書とは別に、家庭裁判所が医師に鑑定依頼をする形で行われます。ただし、親族からの情報や診断書の内容等を総合的に考慮して本人の判断能力を判断できる場合は、鑑定が省略されることもあります。

(4)審判
類型と選任の決定

・申立てた類型の決定、成年後見人等の選任と、内容・範囲が決定されます。
・場合によっては成年後見人等の監督人が選任されます。
・本人への告知や通知、成年後見人等や監督人にも告知されます。
・法定後見人の報酬は、家庭裁判所が成年被後見人等の資力、その他の事情を考慮して決定します。

(5)審判確定と登記
法定後見人等の仕事がスタートします。

・審判確定後、審判の内容が東京法務局に登記されます。
・登記が済み次第、成年後見人等には家庭裁判所から登記番号が通知されます。

(6)終了

申立てすることができる人

本人、配偶者、4親等内の親族、区市町村長等

申立てに必要な書類・金額など

申立てに必要な書類

  • 申立書
  • 申立事情説明書
  • 親族関係図
  • 本人の財産目録及びその資料
  • 本人の収支状況報告書及びその資料
  • 親族の同意書
  • 本人の戸籍謄本
  • 本人の住民票(世帯全部、省略のないもの)
  • 登記されていないことの証明書
  • 診断書(成年後見用)、診断書付票

申立に必要な金額

  • 収入印紙 3,400円
    (内訳:400円×2枚、1,000円×2枚、300円×2枚)
    (代理権や同意権を付与する場合、それぞれ800円を追加)
  • 郵便切手
    • 後見の場合 3,200円
      (内訳:500円×3枚、100円×5枚、82円×10枚、52円×2枚、20円×8枚、10円×10枚、1円×16枚)
    • 保佐・補助の場合 4,100円
      (内訳:500円×4枚、100円×5枚、82円×15枚、52円×3枚、20円×5枚、10円×10枚、1円×14枚)
    • 鑑定を行う場合には、別途、鑑定費用が必要になります。

成年後見人等候補者を記載する場合、上記の書類の他に用意するもの

  • 後見人等候補者事情説明書
  • 後見人等候補者の戸籍謄本(本人と後見人等候補者が同一戸籍の場合は一通で可)
  • 後見人等候補者の住民票(本人と後見人等候補者が同一世帯の場合は一通で可)


▲ページの先頭に戻る

Copyright(C) Shinagawa Ward Council on Social Welfare, All rights reserved.