ホーム > 品川成年後見センター > 品川成年後見センター事業

ここから本文がはじまります。

品川成年後見センターTEL 03-5718-7174

成年後見制度を必要な方に使っていただけるよう、平成14年6月、品川区では品川区社会福祉協議会に「品川成年後見センター」を開設し「成年後見制度」の情報提供と相談を行っています。
また、「品川成年後見センター」は区長申立と一体化した後見実施機関としての役割も果たしています。

品川成年後見センター事業案内

(1)相談・手続き支援

成年後見人等になる親族がいる場合には、成年後見制度やその利用の手続きを案内し、必要な支援を行います。

(2)成年後見制度によるサービス(法定後見制度)

身近に成年後見人等になる親族がいない、判断能力の低下した高齢者や障害のある方に、法定後見制度を利用したサービスを行います。
品川区と連携し、区長申立や代理申立を活用し、品川区社会福祉協議会や他団体が成年後見人等を受任します。

(3)あんしんの3点セット

品川区民で、身近に親族がいない、判断能力のある、ひとり暮らしの高齢者を主な対象としたサービスです。
「あんしんの3点セット」とは「あんしんサービス契約」「任意後見契約」「公正証書遺言作成支援」を組み合わせたサービスです。

(4)品川成年後見センター運営委員会の開催

品川成年後見センターの適正かつ円滑な運営のため、学識経験者、法律・医療・福祉関係者等からなる運営委員会を開催しています。

(5)成年後見制度の代理申立

法定後見制度の申立人に、本人または4親等内の親族がなる際、申立人が高齢・病弱・遠方に住所地を有する等の理由で、申立手続きを行うことができない場合に「成年後見申立ての代理申請に係る基準について」により、品川区社会福祉協議会が代理申立を行い、申立てを支援します。
品川区社会福祉協議会が代理申立を行うためには、「品川成年後見センター運営委員会」で承認される必要があります。

(6)成年後見人報酬等助成事業

資力のない区民への成年後見制度利用を支援するために、後見等開始申立費用、後見人等の報酬費用および後見活動経費の一部助成を行います。

(7)品川区市民後見人養成講座の実施

成年後見制度を支える担い手として期待されている、市民後見人を養成するために「品川区市民後見人養成講座」を実施しています。

(8)市民後見人の育成・活用と監督業務の拡充

社会貢献型後見人、NPO法人市民後見人の会、NPO法人東京市民後見サポートセンターなどの市民後見人を積極的に育成・活用し、品川区社会福祉協議会が後見監督人になることによって、地域における成年後見制度の利用拡大を目指します。

(9)地域のネットワークを活かしたサービス提供

品川成年後見センターのサービスを提供するにあたっては、品川区、地域(在宅介護支援センター、民生委員、特別養護老人ホーム等)、関係団体(弁護士会、リーガルサポート、社会福祉士会、ライフサポート東京、しんきん成年後見サポート等)と連携し、必要な支援を行います。

(10)スタッフ体制の充実

支援員、協力専門家(弁護士、司法書士、税理士等)によるサービス提供体制を充実させるため研修等を実施しています。

(11)広報・普及体制

広報紙の継続掲載や説明会の実施により、区民、関係機関等に対して成年後見制度や関係制度の広報・周知を図っています。

品川成年後見センターの活動実績(平成29年7月31日現在)

法人後見受任件数  353件
後見監督受任件数  179件
あんしんサービス契約者数  120件

品川成年後見センターの講座・説明会(平成28年度)

品川区市民後見人養成講座(基礎講座・実務研修)
ライフプランセミナー(計4回実施)
 〜自分の人生は自分で決める 入門編〜
 〜自分の人生は自分で決める 相続編〜
 〜自分の人生は自分で決める 遺言編〜
 〜自分の人生は自分で決める 成年後見制度編〜
成年後見制度説明会 年1回実施
公正証書遺言説明会 年1回実施

品川成年後見センター組織

品川成年後見センターは品川区の地域を2係体制で担当し、きめ細かい相談対応・法人後見・監督業務等の充実に努めています。

品川成年後見センター組織図

成年後見センター組織図

▲ページの先頭に戻る

Copyright(C) Shinagawa Ward Council on Social Welfare, All rights reserved.