ホーム > 社会福祉協議会とは > 福祉サービスの紹介 > 生活福祉資金

ここから本文がはじまります。

社会福祉協議会とは

福祉サービスの紹介

生活福祉資金貸付事業(東京都社会福祉協議会からの受託事業)

低所得世帯、障害者や介護を要する高齢者のいる世帯に対して、世帯の生活の安定と経済的自立を図ることを目的に資金を貸付ける制度です。

対象世帯
  1. 低所得世帯
  2. 身体障害者・知的障害者・精神障害者のいる世帯
  3. 介護を要する高齢者のいる世帯

貸付の内容によって貸付対象世帯、条件は異なります。

貸付内容
福祉資金

(1)技能習得費 (2)生業費 (3)出産・葬祭費
(4)転宅費等 (5)住宅費 (6)療養費 (7)介護費
(8)中国残留邦人等国民年金追納費 (9)災害援護費
(10)緊急小口資金

教育支援資金

(1)教育支援費 (2)就学支度費

総合支援資金

対象世帯
失業者等、日常生活全般に困難を抱えており、生活再建のために継続的な相談支援と生活費及び一時的な資金を必要とし、貸付を行うことにより自立が見込まれる世帯。
貸付の内容によって条件が定められています。

(1)生活支援費
(2)住宅入居費
(3)一時生活再建費

不動産担保型
生活資金

現在お住まいの自己所有の不動産(土地・建物)に、将来にわたって住み続けることを希望する低所得の高齢者世帯、要保護状態の高齢者世帯に対し、その不動産を担保として生活資金を貸付ける制度です。

(1)不動産担保型生活資金
(2)要保護世帯向け不動産担保型生活資金

生活復興支援資金

対象世帯
・東日本大震災により被災した世帯
・震災前まで生計を維持していた低所得世帯または、震災により低所得世帯になった世帯
・東京都内に住居を有するか、または今後当面の間、東京都内に居住して生活復興に向けた取組みを行う世帯

(1)一時生活支援費
(2)生活再建費
(3)住宅補修費

貸付対象世帯、貸付限度額、条件、利子、返済期間については対象資金、状況によって異なりますのでご注意ください。詳細については、品川区社会福祉協議会庶務係までお問い合わせください。

▲ページの先頭に戻る

Copyright(C) Shinagawa Ward Council on Social Welfare, All rights reserved.