ホーム > 品川ボランティアセンター > ボランティアをしたい

ここから本文がはじまります。

品川ボランティアセンターTEL 03-5718-7172

〔開所時間〕月曜日〜土曜日 9:00〜17:00 (祝日・年末年始・ビル点検日を除く)

ボランティアをしたい

ボランティア活動の大事なポイント

相手の気持ちになって
ボランティアは必ず相手のある活動です。常に相手の気持ちや状況を考えて、「今、何が求められているのか」をしっかり理解した上で行動しましょう。何よりも相手とのコミュニケーションを大切に…。
無理をしない
無理をせず、自分の生活の中に上手に取り入れましょう。 でも、チャレンジする気持ちも忘れずに…。
約束は必ず守って
信頼を得てこそ、いい活動が生まれます。約束した活動内容や日時などの約束事は必ず守りましょう。 万一、都合が悪くなったときは、必ず連絡しましょう。相手のプライバシーはきちんと守って
ボランティア活動で知り得たことは、決して他言しないようにしましょう。
対等な気持ちで
「やってあげている」という、善意の押し付けにならないように。
自分を成長させる活動に
ひとりよがりの活動になっていないか、時々振り返ってみましょう。
積み重ねが大きな力に
どんな小さなこと、簡単なことでもよいから続けていこう!
周囲の理解を得て活動しましょう
ボランティア活動は、家庭や職場の理解があってこそ活動が長く続けられ、成果が生まれるものです。
ボランティア保険に入りましょう
活動中の、万一の事故やけがに備え、安心して活動できるようにボランティア保険に入ることをおすすめします。(受付は品川ボランティアセンターで行っています)
品川ボランティアセンターを活用しましょう
ボランティアに関する相談は、品川ボランティアセンターへ。

品川ボランティアセンターにいってみよう

ボランティア活動したいのだけれど・・・

活動選びのポイント

ボランティア活動を楽しく続けるコツ

あいさつが基本!
気持ちの良い挨拶は基本中の基本!! ボランティア依頼者に対してだけでなく、他のボランティアたちにもきちんとあいさつ、自己紹介ができるとお互いの距離が縮まり、信頼感もアップします。
やると決めたこと、約束は守ろう
ボランティア活動は、場所や時間の約束の他に、持ち物や服装、活動のルールなど、いろいろな約束事があります。ボランティアされる側の気持ちや安全を配慮して決められた大切な約束事ですから、しっかり守りましょう。
わからないことは遠慮しないで聞こう
わからないのは当たり前。分からないことや困ったことがあったら、遠慮しないでスタッフや利用者の方に聞きましょう。 気づいた事は提案しましょう。
気づいた事は提案しよう
ボランティアは自分が気づいた事、出来ることを、自分からやっていく自主的な活動です。「こうしたらもっといいな」と思ったことは、実行してみましょう。

▲ページの先頭に戻る

Copyright(C) Shinagawa Ward Council on Social Welfare, All rights reserved.