ホーム > 社会福祉協議会とは > 福祉サービスの紹介 > 入院時紙おむつ代助成事業

ここから本文がはじまります。

社会福祉協議会とは

福祉サービスの紹介

入院時紙おむつ代助成事業

入院時紙おむつ代助成事業は、入院中の高齢者に対し、紙おむつに要した費用の一部を助成することにより、費用負担を軽減し福祉の向上を図ることを目的としています。
なお、本事業は品川区からの受託事業です。

対象となる方(1〜3の全てにあてはまる方)
  1. 65歳以上の品川区民の方。
  2. 介護保険料段階4段階以下の方。【世帯全員が区民税非課税】
  3. 30日以上の入院をしている方、または、入院をしていた方(介護保険適用病床を除く)。
助成額について

入院時に支払った紙おむつの費用。ただし1ヶ月につき5,000円を上限とする。

  • 入院月において、紙おむつ支給事業の現物支給を受けている方は、その月は対象外となります。
  • 助成金は年に3回(4月、8月、12月)の振り込みになります。(前月末締切)
申請方法

以下の1〜4の全ての書類を用意し、品川区社会福祉協議会窓口へ申請してください。

  1. 入院の期間がわかるもの(病院発行の領収書等)
  2. おむつ代がわかるもの(領収書・レシート)
  3. 振込口座(おむつ使用の本人口座)がわかるもの(通帳等)
  4. おむつ使用者の本人確認ができるもの(健康保険証・免許証等)
  • 申請は、入院していた月から1年以内にお願いします。
    (1年を過ぎた月は助成の対象となりません。)
  • 申請またはお問い合わせを受けた際に介護保険料段階について、品川区に確認させていただきます。

▲ページの先頭に戻る

Copyright(C) Shinagawa Ward Council on Social Welfare, All rights reserved.